« ニュージーランド14日間の旅 ~ 現地7日目~8日目 | トップページ | 25 »

2008年4月 5日 (土)

ニュージーランド14日間の旅 ~ 現地7日目~8日目 改

気持ちを落ち着けて,再び書くことにします!

せっかくなんで,何か形にのこせればと☆

現地7日目

前夜の星空鑑賞の時に一緒だった日本人観光客やガイドさんに,マウントクックをゴリ推しされたのと,また自分も昔,版画(←懐かしい響き)で「万年雪をいただくマウントクック」みたいのを描いたりと,何かと縁もあり,めちゃ行ってみたい!!!



と思ったが,明日の午前にもテカポを発つ予定.

長距離バスのため,乗り過ごせないし,第一マウントクックから戻ってこれる保証もなし

迷った挙句・・・


テカポ湖堪能+なんとか遠くからでも拝む

ということに!!

Img_0002_b これは期待できる!!


写真の右手にテカポ湖.

奥の方に見えるのがマウントクック!!

右斜め方向にはマウントジョン.

ここで考える.

ひょっとすると,マウントジョンをかわしたら,マウントクックが見えるのでは??

淡い期待を持ち,テカポ湖散歩も兼ねて歩くことに!

テカポ湖はとても自然がきれいなところで,トラッキングというアウトドアが盛んなところらしい.

宿に泊まったら,まず料金,その次にスーパーの紹介.その次はトラッキングコースの紹介.ここは2時間くらい.ここは4時間くらいみたいな.感じで.

乳青色の湖に,あっさりした山々.

時折通る車の雑な音.Img_0004_b


テカポの印象は,とっても人工の少ない所

人が作ったものは,ごく一部に限局されていて,ほとんどが自然.かつ人も少ない.

何も考えずに歩きまわるには最高のロケーションでした☆

まずは日焼け対策を万全にして,テカポ湖のマウントジョン側を歩き始める.

ちなみに天気は快晴.激暑

はじめは森林地帯だが,湖に沿って歩くと砂利道にでるため,余計暑い

湖では楽しそうに水上スキーをやっている人たち

今思えば湖に浸かればよかった~!!次回こそ!!

どんどん進む.


もくもくと進む.

Img_0006_for_blog だんだん,人の気配がしなくなり,湖の音だけになる.

街の反対側くらいまでたどり着いたところで道が消えた.

そして,マウントジョンが見た目よりデカイことを知った...

というわけで,マウントクック作戦は断念することに・・・.




ところで,テカポの街の様子は,村と呼べるに足らない程度だったと思います.

覚えている範囲では,主な道路はテカポ湖を通過する片側一車線の道路だけで,あとは住宅街への道程度.

その唯一の道路沿いには,湖側のみにカフェやレストラン,ガソリンスタンドが並んでいる.

Bimg_0070_b 確か,カフェ-カフェ-パン屋-売店-韓国料理店-イタ飯屋-カフェ-観光業者-宿泊施設-湖畔(日本料理店の名前)くらいで,建物の並びは終わっていたはず.

とにかく少ないんです.

写真の左手にその建物の並び.右手に善き羊飼いの教会です.

この街の唯一のスーパーは,なんとガソリンスタンド内にありました!!!

しかも昭○シェル!! 笑

まだ,ビビってクレジットカードは使ってなかったのですが,このころからスーパーとかでよくクレジットを使っている人を見かけてました.しかもこちらの人はシグネチャ(サイン)ではなく暗証番号を使ってる人がほとんどでした.

栄養を考えて,たまにはシリアルでも.と思い,シリアルと牛乳.

そしてお椀らしきもの,スプーンなどが必要になりました.

ですが,ここはニュージーランド.

ケ○ッグのコロ○ボがあるわけでもなく,メ○ミルクがあるわけでもなく.

100均があるわけでもなく.

まずシリアル.

小さい箱で1食用みたいのと,普通に1週間くらいもちそうな大きいの.

値段の割合を考えて,大きいのにしてみました.(←のちにわかることだが誤算)

そして牛乳.

とりあえずmilkと書いてあるもの.

ひとつだけ激安のミルクが!!

消費期限も過ぎてない.

貧乏旅行者は贅沢は言えません.

そして食器.

利便性を考えて,使い捨てかつ多用途,複数のものを選択した結果,プラスチックコップ10個入り.

スプーンはもったいなくて,飛行機でこっそり持ってきた割りばしで食べることに.

シリアルも牛乳も全然おいしくなかったけど,それしかないので不思議と食べたくなる.

そして,当時とってもおいしーーーーーーーー!!!!

ってのんでた贅沢品がオレンジジュース.

最初は栄養も考えて100%を飲んでましたが,コスト面からだんだんエネ○ゲンみたいのに移行していきました.

ま,こんなに水分ばっかとってたらお腹壊したんですけど~笑

そんなこんなで,この日も終わり,明日に備えて片付け,読書などしました.







8日目 Tekapo → Queenstown

今日はついに最後の目的地

Queenstownへ!!

クイーンズタウンを選択した理由は,どうしても「ミルフォード・サウンド」を見たかったからです!!

サウンドとは入り江のことで,クイーンズタウンの近くにフィヨルド国立公園という世界遺産があるんです!!

そのフィヨルドをクルーズで回るというものがあるので,ぜひ行きたい!!ということで,日本で予約だけしていきました.

300ドルちかくするので,結構高いんですが,その価値はあるだろうと,とっても期待していきました!!(←結果的に期待以上!!!)

Img_0015_b テカポにいる間,2回くらい通ったカフェで,ランチ.

テカポに別れを告げ,バスに乗車.

インターシティに慣れてきたとはいえ,油断はできない.

しばらく走ると,バスの中がざわつき始める.

みんなの見ている方をみると・・・,






湖の向こうに

マウントクック!!!!!!

Img_0021_bImg_0022_b





ツいてます!!

バスの右側に見えることは,地図からも想像ついてたのですが.

遠くからでしたが,マウントクックが拝めるとは思ってなかったので,めっちゃ嬉しかった~!!!

さすが,観光バス!!

写真撮影下車タイムがありました!!




しばらくバスは進む.

すると.



急ブレーキ!!!!!!



その瞬間,隣の席に置いておいたスプライト(600ml,コーラ並によくみかける)が,目見も止まらぬ速さで前の席の下へ!!

そして,下をしばらくのぞいても見当たらないくらい前方へ行ってしまいました.

あきらめるしかない.って感じでした.

で,急ブレーキの原因は・・・



Img_0031_b 羊の群れが道路を・・・!!!




さすが,人より多いといわれるニュージーランドの羊.

絶対食ってやる!!って感じですね.笑

(実際,この日のディナーは骨つきラム!!)




バスがどんどん進むと,だんだん雲が出てきました.

やはりテカポの晴天率のすごさを思い知る.

テカポの高原のような景色から,だんだん渓谷のような景色へ.

Img_0057_b バスは,谷間の道を猛スピードで走る.

マジで,落ちそうでした.汗!!

想像力豊かな人は,この写真を見て,まさに”がけっぷち”っぷりがわかるかと思います.

窓の下は崖です.

しかもスピードははんぱない.ぱねぇ~.

そんなこんなしているうちに,バスに振り回されること4時間くらい.

Img_0064_b クイーンズタウンらしき町が見えてくる!!

クイーンズタウンとは,「エリザベス女王がすむような街」とかなんとかいう意味があるらしく,とても自然が奇麗なところらしい.

湖に面したクイーンズタウンは後ろは山脈,あと周りは湖という,確かにきれいなところでした!!☆

中でも印象に残っているのが朝焼けと夕焼けです.

バスの降り方はいまいちよくわからなかったけど,なんとなく降りて歩きました.

今日から4人部屋!!!

YHAという,青少年の旅行者向けの格安ホステル.

受付を済ませ,夜の鍵の暗証番号などの説明を受け,いざ部屋へ!!

初めて会ったら,Hou do you do?だったっけ.




ガチャ




部屋の中は,質素な部屋で小さい.

二段ベッドが二つ.

テレビの音がする.



中年男性.

アジア系か?


しかし,ここの公用語は英語.

ってか中国語も韓国語もこんにちはぐらいしか知らないし!!




目が合う.





Hello!!


無反応.



How do you do?


無反応.



沈黙ののち.




「日本人?」



って言われちゃいました^^;

ちょい恥ずかし~・・・

まぁ,旅の恥はかきすて.

その中年男性も一人で旅に来ていて,山に登ったりしているらしい.

なんでも正月明けから来ているらしく,結構もうまわっていて,3日後に娘さんが来て合流するらしい.

彼にランドリーとかキッチン,他にもクレジットカード事情や,その他もろもろの旅情報を教えてくれた.

でも,彼は足首を負傷していた.

捻挫ならともかく,打撲.

そして,テーピングもない.

あまり何もしてあげられなかったが,1日中寝ているとのことだったので,自分の持ってきた小説3冊を貸してあげることに.

身の回りのことを手伝ったりもした.

できればテーピングでもなんでもしてあげたかったが,何せどこで手に入れたらよいのやら・・・.今思えば,ホテルの人に聞けばよかった・・・.

まぁ重症ではなかったっぽいので,こちらが本気になってよいのかというのが本音かも.





さて,今日のディナーは絶対に贅沢してやる!!!

という目標があった.

ニュージーに来て,まだ一度もニュージーランドらしい食べ物を口にしていなかった.

地球の歩き方やるるぶに載っている中から,一つのレストランをチョイスし,出かける.

出かけたのは午後八時を過ぎてたが,まだ明るい.




Img_0069_b そして,ニュージーランドに来てから,未だかつて味わったことのない,不思議な気持ちになった.

ここはニュージーランドで,日本ではない.

1万キロメートル以上も離れた場所に,今,一人で旅に来ている.

それが,言葉では何とも言い表せない,不思議な感覚だったのを覚えている.

自分の周りにあるものは,すべて初めて.

異世界でした.

あの不思議な感動は今も鮮明に覚えています.



レストランは屋外の席に案内され,メニューを見て,メインディッシュの値段にビビる.

33ドル.

今まで,1日の食費を40ドルにしてきた.

これに,飲み物l,前菜,副菜,主食,デザートを追加したら・・・・




骨付きラムの○×▽で!!



こんな立派なレストランで,メインディッシュのみ!!

まぁしょうがないってことで^^:

Img_0071 だんだん日も沈み,向こう側の山がきれいに染まってくる.

向かいに日本人カップルらしき人がいたので,瞬撮しなければならなかったので,ブレてますが 笑

なんでも,この山は夕日で赤紫に染まることもあるとか.

待つこと,30~40分.


ついに来た!!!





Img_0073





今までのサンドウィッチとはわけがちがう!!!!

まじまじと眺める.

香りを楽しむ.

食す!!








うめぇ・・・









Img_0074 感動の味でした.

きっと,色々苦労した旅でもあったので,それがまたたくさんの感動を与えてくれたんじゃないかと,今は思ってます.


Img_0076 店を出たのが10時ちょい前くらい.

湖沿いを歩いていると,人が集まっている.

またショーでもやってたんでしょう.

ほんとに雰囲気が素敵な街でした.



夜に,部屋に戻ると,さらにもう一人日本人,そしてもう一人の部屋仲間はドイツ人の女の子でした.

日本人3人で,色々話しました.

2人とも,自分より年上で,色々経験している人たちだったので,僕の旅の目的を話すと,自分もそういう時期があったのか,色々親身に話してくれました.

会社に入る前に上司に,一人でニュージーランド行ってこいと言われた.とか.

それで,気に入らなかったらすぐ帰って来い.

そしたら,入社させてやる.

一人で旅に行く,その出発前までの準備の過程が大事なのだと.

それで,その人は1年近く滞在したらしいですが 笑

その間にクイーンズタウンで知り合った女性と結婚したらしいです.

人生いろいろあるんですね~って感じでした.

その人は,次の日の朝出て行ってしまったので,ここに載せておきます.



さて,明日は待ちに待った,

ミルフォードサウンド!!!!

とりあえず今回はここまで!





« ニュージーランド14日間の旅 ~ 現地7日目~8日目 | トップページ | 25 »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ニュージーランド14日間の旅 ~ 現地7日目~8日目 | トップページ | 25 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ