« ニュージーランド14日間の旅 ~ 出発まで | トップページ | ニュージーランド14日間の旅 ~ 現地3日目・4日目 »

2008年2月15日 (金)

ニュージーランド14日間の旅 ~ 現地1日目・2日目

飛行機内で朝を迎え,機内朝食をとり,いよいよオークランドに到着した.

ニュージーランドはウェリントンが首都だが,オークランドが最大都市らしく,日本からの直行便の多くはオークランドに着くような感じである.

オークランドに到着すると,飛行機の中からニュージーランドの国旗が見えて,いよいよニュージーランドに到着したんだなと実感した.

飛行機を降りると,まずは預け荷物を受取り,入国審査,税関を通過することになる.

飛行機内で入国カードが配布され,すでに記入しており,パスポートと共に係員に渡す.

入国目的や,ニュージーランドでの滞在先などを聞かれるが,問題なく通過.

悪いことをしているわけではないが,めっちゃ緊張したためか,係員のお姉さんはニヤリとしていた気がする.

税関では手荷物にある食品を申告し,動物製品や酒,たばこなどについて,いろいろ聞かれるが特に問題なく通過.

問題なくというよりは,好きなスポーツや選手,出身地など,関係ない質問もたくさんあったと思う.

到着ロビーに出た.

飛行機内での予習では,クライストチャーチへの乗り換えは,到着ロビーに出て左側にあるという.

左側をみると,残念ながらそれらしきものは見当たらず,お土産店なのか売店なのかわからない店があるくらいだった.

困ったので,インフォメーションデスクに聞いてみる.

早口で色々しゃべられたが,簡単に言うとインターターミナルシャトルに乗れば良いとのことだった.

一抹の不安を抱えながら,インターターミナルバスに乗る.

オークランド国際空港は,国際線ターミナルと国内線ターミナルが離れているので,これらを結ぶバスが循環していた.

搭乗券は持っていたので,とりあえずゲートを目指してみる.

そこでいろいろ聞けると思ってた.

手荷物検査のところで,バックパックについていろいろ言われたが,結局持って乗るなら問題ないと言われた.

困って係員といろいろ話していると,後ろから中国語で話しかけられた.

中国人の方,ありがとう.でも何言ってるか英語よりわからなかったよ.

指定された搭乗口に行くと,出発30分前で搭乗は始まってない.

すると,係員に話しかけられ,そのバックパックは持って乗れないといわれる.

どうすればいいかと聞くと,どこそこへ行けば預けられるという.

急いでチェックインカウンターに行くと,そこには長蛇の列.

並んでいると,わけのわからないまま,なぜかすいてるカウンターへ(プレミアム用だった気がしたが,もう出発10分前であり,時間もなかったので一か八か行ってみた).

そこのお姉さんに事情を話すと,どこかに電話.

次の瞬間.

ビリビリビリー

・・・・・

・・・・

・・・・

航空券をいきなり破る

??
??

???

わけがわからないでいると,30分後の次の便に乗せてくれるという.

こうして,無事荷物を預け,次の便に乗ることができた.

ちなみに,ここでも搭乗口に行くと,10分前になっても搭乗開始にならない.

これを逃したらやばいと思った自分は,聞いてみる.

Wait Wait

と言われた.

結局,10分くらい遅れて搭乗.

無事クライストチャーチに到着.

よかった~

と思ったのもつかの間.

Arrivalの標識を目印に歩いて行くと,いつの間にか到着ロビーに出てしまった.

手荷物を受け取ってないので,どこかで道を間違えたと思って,引き返そうとすると係員に,止められ,間違っていなく,手荷物は出てから受取り,カードとの照合などは行わないらしかった.

最初から散々だなって思った.

外に出ると,日差しはものすごく強く,びっくりした.

なにはともあれ,無事にクライストチャーチに午後に到着.

クライストチャーチ国際空港と市中心部(シティーセンター)は結構離れているが,歩けなくもないだろうと地図をみて踏んでいたが(実際歩ける距離でないことを後に知る),歩き始めると間もなく歩道が消える.

車道をあるくのはさすがに危険と判断し,バスを使うことに.

その時にふと考えたのが,自分は20ドル札と5ドル札しかもっていないということ.

市バスのシティーフライヤーは7ドルという噂がある.

仕方なく待っていると,若い男がバス停にきて,そこでバスを待ってる人間に5ドルでシティーセンターに行けるという.

5ドルバスっていうのは,ガイドブックで知っていたので迷わず乗車.

ついてる.とそのとき思った.

降りると,5ドル札を手渡し,無事にシティーセンターに到着.

クライストチャーチは大聖堂を中心にした都市である.

Img_0844_for_blog 大聖堂近辺を散策し,とりあえず宿に辿り着くことを目標にした.

偶然にも自分が選択した通りは一番メジャーな通りだったみたいだが,15分くらい歩くとその宿を発見した.

しかし,外出中の看板.

宿泊予定の宿はB&Bといって,ふつうの家の一室を貸し出したりしているような形や,ふつうにホテル形式で経営しているものもあり,千差万別らしいが,ここは5室しかないような一軒家であった.

いわばホームステイの朝食のみバージョンみたいなものかもしれない.

外出しているようなので,仕方なく昼食をとることにしたが,もう午後4時近く.

ガイドブックでカフェを見つけ,そこに行ってみる.

メニューは当たり前のように英語.

よくわからず,パンとコーヒーを注文.

Img_0847_for_blog 読書をしつつ,レンタルした携帯電話の設定をする.

5時くらいに再び宿に出向く.

まだ外出中の看板があったが,とりあえず呼び鈴を鳴らしてみる.

すると,中年の夫婦と小さい娘さんが出迎えてくれた.

トイレシャワーはシェアーだけど,好きに使えるといわれる.

とりあえず部屋で休む.

もう遅いし,今日は外出しないでおこうと思っていたら,午後9時を過ぎても暗くならない.

11時を過ぎたころ,一つのことが気になった.

デジカメの充電だ.

充電器と変圧器(海外は電圧が高い),それにプラグ変換器はすぐにみつかったが,肝心のカメラがない.

最初は部屋のどこかに落ちてるだろうと信じて疑わなかった.

バックパックや手持ち鞄をひっくり返したが,みつからない.

そこで,やっと自分がデジカメをなくしたことが真実のような気がした.

まずは,外に出てみる.

道もわからないので,通り沿いだけでも探してみる.

最後に使ったのは上の写真にもあるようにカフェだ.

でも,カフェからここまでの道のりは,すこし道に迷ったこともあり,複雑だった.

なので,宿の通り沿いだけでも探したが,見つからなかった.

途中,暴走族の車みたいのがたくさん通り,今考えると,結構危険だったと思う.

動揺したので,国際電話で家族に連絡をとり,少し落ち着きを取り戻し,とりあえず寝ることに.

早朝,カフェは幸いにも七時半には開店するらしく,とりあえずカフェに行ってみる.

今はみつかってないということだったので,自分の携帯電話番号と,宿泊先を知らせる.

その後,交番に行くが,警察署に行けと言われ,警察署にも行った.

でも見つからなかった.

がっかりして,宿に戻ると,娘さんがカメラがあったという.

部屋に戻るとベッドメイクをしてくれていた夫人が,カメラを手にしていた.

どうやらカフェから連絡をもらって,取りに行ってくれたらしい.

何度もお礼を言い,ちょうど音楽の話になり(っというか意図的にした),お礼の気持ちをこめてピアノを弾いた.

もともImg_0852_for_blogと,この一家は音楽一家であることは,事前に知っていたため,貧乏旅行者の唯一と言っていい感謝の表現方法だったと今でも思ってる.

あとから親に強運だといわれるまで,そこまで思ってなかったが,超ラッキーだと思う.

その日は,とりあえず大聖堂に行ってみた.

その後アートギャラリーへ.

そこは美術学生の作品が展示されているところで,ゆっくり見て回った.

Img_0854_for_blog 中にはグロテスクな作品とかもあって,自由だなって思った.

その後は,おなかもすいたので,カフェで昼食.

Img_0860_for_blog

今回の旅行は,とにかくゆっくりすることだったので,カフェでは3冊持ってきた本の中の,ホームレス中学生を読んだ.

Img_0870_for_blog 帰りにもう一度大聖堂に寄り,晩御飯を買って帰った.

1日の食費は40ドル以内と決めていたので,大したものは食べなかった.

こうして,2日目を終えた.

« ニュージーランド14日間の旅 ~ 出発まで | トップページ | ニュージーランド14日間の旅 ~ 現地3日目・4日目 »

旅日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ニュージーランド14日間の旅 ~ 出発まで | トップページ | ニュージーランド14日間の旅 ~ 現地3日目・4日目 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ