« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月29日 (土)

ちょいポジ

Img_0244blog 「ちょいポジ」

自分,ちょいポジらしいです.

自分でも,そんな気がします.

根っからのネガティブではなさそう.

根っからのポジティブでもなさそう.

普通なんです.

ま,いっか.

CS

200709262117001クライマックス・シリーズのチケット,ゲットしました~!!

開始から約30分,ドキドキでしたが,けっこう簡単だった気が・・・.

おとといは,坪井のサヨナラ打.

昨日は,セギノール逆転打(稲葉の進塁打も見逃せない).

今日は,先発全員安打.

どう考えても,勢いがあります☆

明日は,ついにM2を消化する絶好の機会☆

継投で逃げ切りを期待してます!!

2007年9月22日 (土)

譲れないもの

YUIのコンサート行きたい・・・.武道館遠いし,ファンクラブじゃないし!!

前途多難・・・.

頻繁にtomorrow’s way が頭の中で流れます.

まっすぐに生きてゆきたい


ただまっすぐに生きていたい

あの日の少年みたいに・・・

捨てなければならないプライドは,まだ捨てられてない.

守らなければならないプライドは・・・そんな大それたものはまだない.

ただ,上司に言われることを鵜呑みにしたくない.

みんなと違うことをすると,批判される.

みんなと違うことをした人が,言ってくれた.

自分のやってきたことに自信を持っているのは良いことだと思う.

でも,その自信がゆえに人の進路を否定するのは間違いだと思う.

自分で決めたから,人のせいにはできないし,する気もない.

助言はありがたいが,価値観の押し付けはいただけない.

ただ,まっすぐに生きれたら,きっと後悔はしないんだろうなぁ.

譲れないものがあるとすれば,ただまっすぐに生きたいってことかなー.




つまずいたって いいじゃないか 人間だもの

2007年9月16日 (日)

Lovers Pop

Gagj0032 いついっても,欲しい小物のある,遊べる本屋こと,Village Vanguard

入り口にさしかかったときに聞こえてきた音楽.

あ,スピッツの楓だ.

女性ボーカルがレゲエ風にカバーしてる.

買おう.

ってことで,衝動買いしてしまいました.

Lovers Pop ってことで,以下のような曲のカバーでした.

  1. Love Love Love
  2. 恋におちたら
  3. ここにしか咲かない花
  4. 粉雪
  5. Squall
  6. Final Distance
  7. 瞳をとじて
  8. 長い間
  9. Endless Story

聞いてて心地の良い歌声でした.

今月のおススメです☆

気が向いたら,他のも試聴してみよ~.

ピアノの発表会も近くなり,そろそろやばいです.

昨日,アンサンブルの合わせをやったけど,結構ミスした...

みんなの前で,未完成のピアノソロをやったときも,緊張して間違えまくり.

間違えないことが演奏で一番大事かっていうと,そうでもないっていうのはわかるけど,まぁノーミスに越したことはない.

追い込みしよう.

他の人のピアノソロ聞いたけど,すごく良い曲で,すげーって思いました.

音楽を通じて知り合った友達って,また普通の友達とは別だよねって話になりました.

確かに,あんな和やかな雰囲気もめずらしい.

それぞれみんなまったく違った分野で活躍してるけど,それが一つの音楽でまとまるっていうのも,非日常的でおもしろい.

日ハムがんばれ.

2007年9月 9日 (日)

北海道マ○ソン

今年も,救護班でテントにいました.

今年は“救護班経験者”っていうことで,必然的に選手がまわってきました.

中には,去年も診ていた人が,また担当になったりっていうハプニングもあり!

記念撮影って言われてビックリしたけど,そんな選手との触れ合いもやりがいのひとつかなと.

ふだん慣れない仕事でしたが,日当も良かったし,良い感じでした.



日ハム元気ないですね・・・.

昨日,レフトスタンドポール際で応援してたのに・・・.

昨日,武田勝Tシャツデビューだったのに・・・.

快音は小谷野ちゃんのホームランのみ.

マック,陽と変えちゃうよ~・・・

今日も大敗や~・・・

明日,スウィーニーがんばって!!!

2007年9月 6日 (木)

レール

8月は,この数ヶ月の中で一番働きました.

世間一般では,夏休み,お盆休みとくるわけで.

その時期に一番仕事が来るんです.

貧乏学生には,うれしい話で,馬車馬のように働いた気分です.

出勤日の終わりに,出勤簿に印鑑を押すときが,達成感を感じれて良いです.

9月も,暇ではなさそう.

むしろありがたいけど.

暇な時間があると,色々考えてしまってダメになるときがある.

目の前に仕事・やるべきことがあって,締め切りがあって,そんな時は,暇な時間を渇望するくせに,もてあます時間を嫌がる自分.

でも,もてあます時間があるから,忙しさを受け入れられるのかもしれない.

忙しさがあるから,もてあます時間を快く受け入れられるのかもしれない.

大学に編入して,良かったと今更ながらに思う.







これからの人生.

例えて言うなら,仕事を始めたら,ある意味その電車に乗ってしまうような気がする.

短期大学部の同期の仲間たちの多くは,この電車に乗って,第一線でがんばっている.

自分は,まだ駅の改札口にも達していない気がする.

むしろ,まだ改札口に背を向けてるのかもしれない.

時々,『未来』っていう行き先に怯える.

電車の切符は持ってるんだから,乗っちゃえばいいじゃん!!!

って何度思ったことか.

新しい電車の切符は簡単には手に入らない.

どうしても楽したがる弱い自分.との戦いです.

見えない未来が怖いときは,前に紹介した『ちっぽけな勇気』を聞くと,「がんばろー!!!」て思えます.

良い曲に出会えました.

2007年9月 4日 (火)

深層心理

友達・上司の薦めで,ある本を読んでます.

前にある男が,一度に3冊(3種類の本)を同時に読み進める,と聞いて,そんなバカな・・・って思ったことがある.

でも,現に自分は3冊同時進行.

音楽もそうだけど,そのときその時で読みたい,聞きたいものが違ってくる.

どの本も興味深いことが書かれてる.

その中の1冊.

“孤独”についてが印象的.

自分の価値観を見つめるような,新鮮な本です.

ちなみに,まだ読み終わってません.




記憶の恐ろしさに身震いした.

楽しい過去も,悲しい過去も,みんな少しずつ少しずつ忘れていくもんだ.

過去の話を聞いて,

「あーそんなこともあったねぇ.忘れてた・・・」

っていうリアクション.

結局忘れてなんかいないじゃん.

聞いてすぐ思い出せるほど,近くに記憶があるのかもしれない.

それがコンプレックスなのかな.

いわゆる深層心理.

なんでもかんでも,覆いかぶせて生きてる気がする.

でもそうやっていかないと,生きてけないか.

心理学やってる人,胡散臭い考えを述べてすみません.

2007年9月 1日 (土)

旅人よ②

Img_0487 北海道での青空を緑のコラボレーションにも色々ある.

美瑛では丘と青空と一本の木.

長沼では広大な農地で,見渡せば遠くに山が見えるけど,基本的に平地.

内陸部では農地と山が隣接してる.

そんなイメージがある.

農地と山が隣接してると,なぜか懐かしい風景に思えるのは自分だけかな.

別に田舎育ちでも,生まれが田舎でもない.

北海道では都会と呼ばれるところにかれこれ20年以上住み続けてる.

遠出した時に見る空の色が,いつもの青空と違うようにみえるのはなんでか考えたことがある.

都会に比べて空気がきれいで,透き通って見えるから?

それも一理あるのかな.

でも,それ以上に,自然の緑と青空のコラボレーションが大事かなって思ってる.

同じ青い空を見るのにも,地上にあるものが人工か自然かで,開放感・清涼感が格段にちがうのではないのかな.

雲の存在も大事.特に白い雲.

きっとそうだろう.






話は変わって,ファイターズ.

前に書こうとして,忘れてしまったのでNo.②として,タイトルにしました.

去年戦力外通告を受けて,再雇用という形の中,奮闘している坪井選手.

彼のアツい思いが,札幌ドームの登場曲にこめられてる気がします.

とっても応援したくなりました.




何だかほんとに安心したよ 

無茶して心を傷つけただろ

何だかほんとに安心したよ

お前の笑顔に今会えたから

やるせない夜は街路樹を

アンテナにしてあの人に

SOSでも打ちまくれ

計算できない悲しみの

強い風に今立ち向かってゆく 

遥か彼方を目指した旅人よ

いつか再び君に出会うまでは

どうかどうか笑顔を絶やさぬまま

36.5度のカラダで

乗り越えなければならないんだな

36.5度のカラダで

しっかりしなけりゃならないんだな

果てしない夜は切なさと

孤独に抱かれてあの人の

優しさを胸に泣きまくれ 

どうにもならない悲しみの

強い風に今立ち向かってゆく

遥か彼方を目指した旅人よ

いつか再び君に出会うまでは 

どうかどうか笑顔を絶やさぬまま

広い宇宙の上を歩いてゆく 

遠い遠い自分に出会うために

カッコ悪い道を選んだ男 

カッコ悪い夢を選んだ男

強い風に今立ち向かってゆく

遥か彼方を目指した旅人よ

いつか再び君に出会うまでは 

どうかどうか笑顔を絶やさぬままで

「旅人よ」  爆風スランプ

プライド

Photo 2007年8月28日(火)

午後7時ごろ,月食が見られました.

月食を見たのは生まれて初めてです.

きっと今までにもチャンスはあったのかもしれないけど,見てないです.

自然現象って,どうしてそんなにも人を惹きつけるのか.

いつも何気なく月を見てるし,暦も陰暦ではなくなって,普段から関心の少ない天体.

星空を見るときには,むしろ邪魔者扱いされることもある.

低い位置にある月は,何か怖くなるほど大きく見える.

そんな月が今日は赤黒い姿で現れた.

良いモノ見たな.

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ