« ボランティアの想い | トップページ | 層雲峡 »

2007年2月27日 (火)

個性

ある人のことが理解できないってどういうことか.

きっとその人それぞれ個性があるし.

自分で好きになれない部分って,意外と他の人にそれを見つけると親近感が沸く.

むしろその人にとって短所には見えない.むしろ長所であり,その人の特徴でもあると思う.

そう思うと,自分が好きになれない部分も,考え方次第で長所であり,特徴と思えてくる.

自分の目には,人の良いところも,悪いところも見える.

フィルターとかウイルスブロックみたいに,悪いものだけ排除できたらいいけど.





人のことを客観視できるのは,ある意味当たり前かもしれない.

その客観視する能力にもそれぞれ差があるだろう.

でも,自分を客観視できる人ってどれくらいいるだろうか.

少なくとも,上記のように自分は自分を客観視できてるとは言えない.

周りのことはよく見えているのに,自分のこととなると見えなくなるのは,よくあることなのか.

そんな人を見たら,どうしたらいいんだろ.

人は人?

見て見ぬふりはできない?

« ボランティアの想い | トップページ | 層雲峡 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ボランティアの想い | トップページ | 層雲峡 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ