トップページ | 2006年6月 »

2006年5月

2006年5月30日 (火)

細かい気遣い

自分がよく行く売店の店員さんの話.


今年度からその売店に新しい店員さんが入った.

その店員さんは『研修中』という名札をはっている.

ある日,ガムを1つ購入.

キシリッシュだと,小さい箱入りなのだが,買ったのはキシリトールで,食べるには外の包装紙をビリビリ破きながら1つずつガムを出していく.

食べてて気付いたのだが,店員さんはガムに店のテープを張っていた.

普段なら店のテープは,ガムの胴体の部分に何気なく張ってるのだが,その人はガムの先っちょ.しかもガムの開け口ではない方の先っちょ.

胴体にシールが張ってると,やぶいていくときに邪魔になるけど,先っちょに張ってくれると,最後まで邪魔にならない.まぁ,シールはがせって話だけど・・・笑

めっちゃ小さい気遣いだけど,なんとなく心が温まりました.



そして,今日の昼.

同じ店員さんで,おにぎり,サンドイッチ,菓子パン,野菜ジュースを購入.

と,そこで

「袋,別々に入れますか??」

と.

???

別に温めてもらったものもないし,分ける必要もないのになぁと.

・・・

あ,菓子パンがつぶれやすそうだからかぁ,とおもって聞いてみると・・・

「朝食と昼食・・・別々に入れたほうがいいとかと思いまして・・・」

と.

確かに,自分はおにぎりとサンドイッチ,野菜ジュースは昼食に,菓子パンは間食にと思ってたので,驚きました.

結局,袋もったいないから一緒にしてもらったのだけど・・・




小さな売店の店員さん,しかも研修中のお姉さんだけど,細かい気遣いが嬉しくて,心がほんとに温まる想いでした.

なんとなく好きになりました(笑)

2006年5月28日 (日)

襟裳岬

Cimg0418 北海道幌泉郡えりも町襟裳岬に行って来ました!!!!


本当は夜中移動して,朝陽を見に行こうと計画してたのが,天気予報が思わしくないということもあり,急遽予定を変更し,夕陽を見に行くことにしました.

襟裳岬は,北海道の真ん中の下の先っちょ(←わかるかなぁ??)にある岬で,日の出・日の入りスポットとして有名だそうです.

今までで最長のドライブとなりました.車での走行距離,実に約230km!!


一般道のみで行こうと思ってたのが,夕陽に間に合わない可能性があったので,高速道路を使用.

札幌北ICから厚真ICまで高速でふっとばした後,国道で海岸線をひたすら真っ直ぐ.

そして陽が傾き始める頃,海岸線に見える夕陽になる前の絶景にテンションめちゃ上ががりました!!

そして,陽がかなり傾いた頃,襟裳岬に到着.



マジ絶景!!!!




まずは,岬にある『風の館』へ・・・でも,あんまし見るもの無く,即,岬へ.


地図を見てわかるように,東・南・西はすべて海・海・海!!!

朝陽もきっとすげ~んだろうなぁと思いつつ,一面に広がる雄大な景色を目に焼き付けました.




夕陽が本格的になるまで,まだ時間があったので,『えりも食堂』へ.

なんとなく「えりもラーメン」を食しました.味は・・・・さておき.




そしてえりも食堂を出ると,西の空には赤っぽいオレンジ色の夕陽が広がってました.

この夕陽を見るために4時間以上かけてきたけれど,襟裳岬の夕陽はそれをうらぎりませんでした.

雲が薄くかかってたため,水平線への日の入りは見られなかったのは残念だったけれど,雲の中に消えていく夕陽という,また違った美しさを見ることができて,めっちゃ満足☆



今回で襟裳岬の素晴らしさを実感したので,今度は襟裳岬の朝陽を見に行こうと計画中.




実際,朝陽を見るだとか,夕陽をみるためだけに4時間も5時間もかけて出かけるのは,傍から見たら滑稽かもしれないけれど,個人的には十分価値のあることと感じられます.


またみんなで,色んなものを見て,目に焼き付けて,写真に残していきたい.

2006年5月26日 (金)

自由な時間

自由な時間って,今まであまりなかったかも.

小学のときは平日はほとんど習い事.

中学・高校はほとんど部活.

浪人は論外.

大学は,医療系の短大ってこともあり,授業数はたっぷり,実習が始まったらやばく忙しかった.実習が終わったら,卒論,国家試験・・・.

今は大学3年に編入したけれど,授業数が極端に少なく,自由な時間が多い.




もっと勉強しようという意思の下,編入を決意したわけだが・・・.

現実に勉強ができているかと言えば,否.

少しでも時間を有効に使いたいけれど,どうも気持ちが前に進まない.





きっと,自由な時間を楽しむ方法がわからないのかも.

忙しいときには喉から手が出るほど欲しかった,自由な時間.

それが今,ただの焦りにしか感じられなくなり,気分を落ち込ませてるのかも.




5月病の原因は新しい生活の始まりだから,とかテレビで言ってたけど,まさにそのとおりかも.

きっと,働いてたらできなかったであろうことをはじめることができたら,気持ちも乗ってくるんだろう!!!

今は英会話を検討中.

天の邪鬼(あまのじゃく)

『天の邪鬼(あまのじゃく)』

《()が原義》

わざと人に逆らう言動をする人。つむじまがり。ひねくれ者。

民間説話に出てくる悪い鬼。物まねがうまく、他人の心を探るのに長じる。あまんじゃく。

毘沙門天(びしやもんてん)の鎧(よろい)の腹の辺りにある鬼の面。また仏像で、仁王などの仏法守護神に踏みつけられている小鬼。







最近,自分は天の邪鬼だと思う.

例えば,中国の楽器の『二胡』について.

ピアノの先生は数年前から『二胡』の魅力について語ってた.

でも自分は,「そんな~二胡なんて~.ニモニモだわ」

みたいにからかってたりなんかして.大して聞きもしないで.

でも,ちょくちょく二胡の音楽を聴いてみる.

『・・・二胡っていいかも・・・』

二胡の魅力がわかるようになってからも,しばらくは「二胡なんて・・・」

みたいな態度をとり続けたが,

とうとう「二胡の良さに気付いた」と認めた.



そんな天の邪鬼な自分を振り返ってみるとちょっとウケる.

素直じゃない.

でも,相手の忠告だったり,勧めだったり,指導などはちゃんと心に留めているつもりではある.

それを態度に出すか出さないか.

素直に態度に出せる人は,きっと世の中をうまくやていける気がする.

2006年5月25日 (木)

ブログはじめます!

今までにも,日記でもつけてみようと思ったこともあったけれど,どれも続かず・・・,

友達が「ブログ作る人は,自分のこと知ってほしいんだよ」って言ってたけど,それが自分に当てはまるかはわからん.

でも,文章力がついたり,その他色々メリットもあるだろうとのことで,ブログを始めてみる事にしました.



ブログのコンセプトはタイトル通り,『つまずいたって いいじゃないか 人間だもの』.

トップページ | 2006年6月 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ